のぼりの知識の館~これであなたものぼりマスター~のメイン画像

マンツーマンの指導とは同じデザイナーが最初から最後まで担当してくれるシステムのこと。意思の伝達がスムーズで満足度の高いのぼりが仕上ります。

のぼりショップの“マンツーマンの指導”って何?

のぼりショップでいうマンツーマンの指導というのは、同じデザイナーが最初から最後まで担当してくれるシステムのことです。

のぼり制作に不慣れな人にはおすすめです。

▽最初から最後まで同じデザイナーが面倒を。

のぼりショップのマンツーマンの指導というのは、のぼり店に専任のデザイナーがいて、1人のお客さんに専任でついてくれるシステムのある店のことです。

通常のショップでは専任ではないので、たとえば問い合せをする度に、違うデザイナーが出てきたり、デザイナーとは関係がない事務員が出てきたりします。

そうなると要件を1から伝え直す手間がかかり、デザイナーに替わってもらっても、それまでの経緯を1から説明し直す必要があります。

▽専任でないと行き違い・不満が多くなってしまう。

専任のデザイナーでない場合、前回伝えた修正点が、うまく伝わっていなくて違うニュアンスで仕上っていることもあります。

デザイナーが違うと修正点の受取り方も違ってくるからです。

専任とはずっと同一人物が付き添ってくれることなので、意思の疎通がスムーズで行き違いが少なくなります。

▽完全入稿データとか、その店とのコミュニケーションに不慣れな人、初めての人は、専任のデザイナーがいるのぼり店を選びましょう。

お互いの相性というのもありますが、誰でも同じデザイナーに責任をもって面倒をみてもらいたいものです。

専任のデザイナーは、デザイン上のアドバイスやタイトルの付け方、配色の理想なども教えてくれます。

納得できるので、のぼりとしては非常に満足度の高いものになります。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS

<Copyright のぼりの知識の館~これであなたものぼりマスター~>